>  > 三菱マテリアルツールズ 【10個セット】三菱 M級ダイヤコート UE6110 SNMG150616-MA
【マラソン ポイント5倍+クーポン発行中】 カーポート 2台用 YKK AP レイナポートREグラン J51・51-30 H2509 たて(2)連棟セット 標準 熱線遮断ポリカ 地域限定 送料無料

M級ダイヤコート 【10個セット】三菱 UE6110 UE6110 SNMG150616-MA 三菱マテリアルツールズ 【10個セット】三菱

某国公立大学の医学部の学生です。

複数人で書いています。 個々の紹介

 

アクセスカウンター

最近の記事

物体認識のためのRecurrent CNNまとめ (水, 01 5月 2019)
>> 続きを読む

LaTeXのenumitemカウンタあれこれ (Sat, 30 Mar 2019)
>> 続きを読む

LaTeXの数式番号を丸数字・非右寄にする (Sat, 30 Mar 2019)
>> 続きを読む

Spiking Neural UnitをChainerで実装してみた (Tue, 19 Mar 2019)
>> 続きを読む

matplotlibで棒グラフ間の有意差の描画をする (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

Qiita

有機化学  ·  12日 11月 2017

三菱マテリアルツールズ 【10個セット】三菱 M級ダイヤコート UE6110 SNMG150616-MA

三菱マテリアルツールズ 【10個セット】三菱 【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】メグスリノキ株立ち M級ダイヤコート UE6110 屋外フローリング SNMG150616-MA

 分子静電ポテンシャル(Molecular Electrostatic Potential:MEP)マップを見てみよう。

MEPマップの見方を説明する。赤色ほど静電ポテンシャルが小さい、すなわち電子が多く、逆に、青色ほど静電ポテンシャルが大きい、すなわち電子が少ない。

 

ベンゼンとニトロベンゼンのMEPマップを比較すると、ニトロベンゼンの芳香環は電子不足(薄青)であり、求電子反応に対して不活性化することが分かる。次にベンゼンとクロロベンゼンのMEPマップだが、これもまた求電子反応に対して不活性化していることが分かる。

 

この図から配向性は判断できるだろうか。じっくりと見ても分かるはずがなく、違いは見えない。よって別の手段を考えねばならない。

 

フロンティア軌道と配向性

ここでフロンティア軌道を考えよう。配向性は求電子反応に関わるので、HOMOを考えてやればよい。等電子密度表面の値を0.0900とすると、クロロベンゼン、ニトロベンゼンのHOMOは

クロロベンゼン

ニトロベンゼン


となる。ベンゼンは対称性からどこが何位か区別できないのであまり結果を気にしなくてもよい。またこれよりクロロベンゼンがop配向性を示すのはすぐに理解できる。

 

 しかしニトロベンゼンはomが同じではないか?これを解決するためにHOMOから一つ下の軌道(HOMO-1)を考えよう。ニトロベンゼンのHOMO-1は

となる。次にHOMOとHOMO-1を重ね合わせると以下のようになる 【★店内ポイント2倍!★】サカエ SAKAE 【代引不可】【直送】【別途送料】 中量キャスターラック MK-9754U [A170809]。

HOMO

HOMO-1


となる。HOMO-1においてmの方がoよりも軌道の広がりが大きいので、全体としてmでの軌道の広がりが最も大きくなるということだ。したがって、ニトロベンゼンがm配向性を持つことが分かる ■マキテック ベルトコンベヤベルゴッチ(スタンダード)SI 幅500機長6M変速〔品番:TYPE34-SI-500-6000-H11-A90〕[TR-1296576 ]【送料別途お見積り】 。

 

 「HOMO-1を持ち出すのはフロンティア軌道論から反するのではないか」、と思うかもしれないが、このような議論が出来たのはHOMOとHOMO-1のエネルギー差が0.0044hartreeと、かなり小さいことが主な理由である。以上の議論に関連したことを、福井謙一博士がノーベル賞受賞講演において次のように述べておられた。(日本化学会編,1983,『福井謙一とフロンティア軌道理論 (化学総説 (No.38))』,学会出版センター,p.6)

『「HOMOとLUMOだけが反応経路を決めるのは、一体どうしてか」という質問は、過去に私が方々で行った公演で、聴衆からたびたび受けたものでした。いままで述べてきたことは、少なくともその答えの一部にはなっていると思います。しかし、HOMOとLUMOにそれほど厳密にこだわる必要はないのです。置換反応のように軌道の対称性に無関係な一中心の反応においては、HOMOに非常に近接した準位の軌道があれば、当然その軌道をも考慮に入れるべきなのです。』

 

したがってHOMO-1を議論に加えても(今の場合は)問題ないのである。なお実際の反応割合は熱力学的な安定性も考慮すると、o:m:p=19:80:1くらいになる。o位は立体障害が大きいのだ。

 

 ところで、「クロロベンゼンだとはっきり違いが出たのに、ニトロベンゼンだとどうしてここまで考えなければならないのか」、と思うだろう。これはm位の電子密度が絶対的に高くなっているわけではなく、あくまでopに比べて相対的に高くなっているだけであることが主な理由である(これは電子論的説明である)。

 さらに「クロロベンゼンもニトロベンゼンも、置換基が付いている位置での軌道の広がりが大きいが、ここでも反応は起こらないのか」、と思うだろう。

三菱マテリアルツールズ 【10個セット】三菱 M級ダイヤコート UE6110 SNMG150616-MA

●1個あたりの定価:2090円(税別)
●こちらの商品はロット単位でのご注文となります。
●購入単位:10個
●別倉庫在庫につき、出荷まで約3日となります。
工具・作業用品>切削工具>旋削・フライス加工工具/チップ>三菱マテリアルツールズSNMG150616MA
こちらの商品の送料区分は「1」です。

2019-06-25



。この位置をipso位というが、この疑問は正しく、実際ipso位置換はかなり多い。

 

電子密度解析(population analysis:PA)

さて、軌道論抜きで配向性を知ることは出来ないだろうか。これに関しては視覚的に判断する計算結果の表示方法が(FacioとMolekelには)無いので、結果ファイル(.out)の数値を見てみよう。見るのは電子密度解析(population analysis:PA)の結果であり、次の部分がそれに対応している(クロロベンゼンの計算結果(B3LYP/6-31G(d))である)。

 

TOTAL MULLIKEN AND LOWDIN ATOMIC POPULATIONS
 ATOM MULL.POP. CHARGE LOW.POP. CHARGE
 1 C 6.130495 -0.130495 6.159052 -0.159052
 2 H 0.846359 0.153641 0.830312 0.169688
 3 C 6.062062 -0.062062 6.067446 -0.067446
 4 C 6.122588 -0.122588 6.148810 -0.148810
 5 C 6.126712 -0.126712 6.157728 -0.157728
 6 C 6.130344 -0.130344 6.161540 -0.161540
 7 C 6.122701 -0.122701 6.145423 -0.145423
 8 H 0.859948 0.140052 0.834805 0.165195
 9 H 0.864229 0.135771 0.837148 0.162852
 10 CL 17.028244 -0.028244 16.992486 0.007514
 11 H 0.846374 0.153626 0.826993 0.173007
 12 H 0.859944 0.140056 0.838257 0.161743

これを探すにはファイル内検索(windowsだとctrl+f)をすれば速い ■TAIYO 高性能油圧シリンダ〔品番:70H-8R2CS80CB450-ABAH2-YL〕[TR-8471703]【個人宅配送不可】。電子密度解析の結果はMulliken電子密度解析(MPA)とLöwdin電子密度解析(LPA)の2種類ある。POP.は原子の周りの電子数、CHARGEは原子の電荷を示す ■ミラクール アスファルト舗装用遮熱塗料ミラクールウェイW 土色(クールソイル)〔品番:307554648〕[TR-1373803]【個人宅配送不可】。大抵の場合、左側のMPAの結果で十分だが、MPAは少し数値に不安定性がある。LPAはMPAの問題点をほぼ改善したものである。もちろん電子が特定の原子に属するということの絶対的な定義はない(分子を形成している状態ではどこまでが「1つの原子」か境界が分からない)ので、どちらを用いても基本的に問題はない [MJX-217E] イナバ 物置 イナバ物置 シンプリー 収納庫 全面棚タイプ 屋根タイプ:標準型 耐荷重タイプ:一般型 扉タイプ:4枚扉 屋外 収納庫 屋外収納 庭 ものおき 小型 【送料無料】【大型重量品につき特別配送】【代引不可】。以下でLPAを用いるのはなんとなくである。

 

 さて、上記の結果のうち、Löwdin電荷をクロロベンゼンの分子上にプロットしたものは以下のようになる。

これを見れば、電荷の値からop配向性であることが分かる(求電子反応は電子数が多いところで反応する。)。ニトロベンゼンについて同様に行なうと、

となり、m配向性であることが分かる。